海外FXは追証なし!国内にはないゼロカットシステムとは?

初心者向け

海外FXをやる上でゼロカットや追証(おいしょう)なしなどを耳にするがぼんやりとしか意味を知らないといった方もいるのではないでしょうか。

この記事では海外FXで採用されているゼロカットシステムの意味や仕組みについて詳細に解説し、なぜ国内FXではゼロカットシステムが全く存在しないかについても解説します。

国内FXでの追証(おいしょう)とは?

まずゼロカットシステムをシステムを理解する前に追証を簡単に説明します。

追証とは急激な為替の変動により、思わぬ損失を出し、強制ロスカット(決済)があったとしても口座残高がマイナスになることがあります。

このマイナス分は国内FXにおいては投資家の借金(債務)扱いになり、後から国内FX業者から請求されることになるのです。

これを「追証」と呼びます。

実際に追証が発生している

2008年9月に発生したリーマンショックのときや、あるいは、2011年3月に発生した東日本大震災を原因とする震災原発ショックなど金融においてこのような急変が起こったときに追証は数多く発生しています。

とくに2015年1月15日には「スイスフランショック」が発生、約20分間で40%の値動きがあり、強制ロスカットが遅れたため負債を抱えることになった投資家が多く溢れました。

ロスカットや証拠金に関しては以下の記事に記載しています。

ゼロカットシステムとは?

ゼロカットシステムとは FXの取引中に急激な変動による損失などでFX口座残高がマイナスになってしまった場合にFX会社が損失分を補てんしてくれるシステムの事です。

海外FXにはほとんど備わっているシステムといっていいでしょう。

つまり、口座残高がマイナスになってしまったとしてもマイナス分は国内FXと違って借金にならないということです。

国内FXの場合、最悪を想定すると口座に入れたお金を失いさらに借金が発生する、となりますが、
海外FXの場合、最悪失うのは口座に入れたお金のみになります。

複数口座を持っていてもゼロカットが他の口座に影響することはない

海外FXは複数口座を持てることが多い

海外FXでは複数の口座を持つことができてそれぞれ資金を振り分けることができます。
(さらに資金振替などで柔軟に口座間の資金移動もできます。)

もし、ある口座で口座残高がマイナスになりゼロカットシステムが働き、口座残高が0になったとしても、他の口座の残高から不足分を差し引かれることはありません。

ゼロカットにより口座残高がマイナスから0にリセットされるタイミング・方法(XM)

海外FX各社によって多少流れや方法は変わると思いますので、XMTradingを例に上げて説明します。

XMTradingで口座残高がリセットされて0に戻るタイミングは以下になります。

  • ポジションを持ってない状態でしばらく待つと自動リセット
  • マイナス口座へ入金した時(500円など最低金額の入金でも)
  • 他の口座からマイナス口座に口座振替を行った時
  • マイナス口座にてXMポイントをボーナスへ交換する。(XMのみ)

XMTradingではマイナス口座を放置した場合、リアルタイムでなく不定期に自動で口座をリセットします。

もしマイナス口座がゼロカットにてリセットされないときは他の3つのどれかを行うとよいでしょう。

国内FXでゼロカットシステムがない理由

なぜ国内のFXにてゼロカットシステムがなく、口座残高がマイナスになると追証を課すといった仕組みがあるのでしょうか?

簡単に言えば、以下の日本の法律によって利益または損失を補填する行為が禁止されているからです。

第四十二条の二 金融商品取引業者等は、その行う投資運用業に関して、次に掲げる行為をしてはならない。

 運用財産の運用として行つた取引により生じた権利者の損失の全部若しくは一部を補塡し、又は運用財産の運用として行つた取引により生じた権利者の利益に追加するため、当該権利者又は第三者に対し、財産上の利益を提供し、又は第三者に提供させること(事故による損失又は当該権利者と金融商品取引業者等との間で行われる有価証券の売買その他の取引に係る金銭の授受の用に供することを目的としてその受益権が取得され、若しくは保有されるものとして内閣府令で定める投資信託の元本に生じた損失の全部又は一部を補塡する場合を除く。)。

金融商品取引法 第42条の2 六

この法律があるため国内のFX会社がゼロカットシステムを提供することはできません。

ゼロカットシステムを使った手法の簡単なまとめ

ゼロカットシステムがある海外FX会社間での両建て

たとえば経済指標にて為替が大きく動くとわかっている場合に、動きそうな為替を会社Aで買い、会社Bで売りをして両建てします。

もし経済指標後に売買した為替が50pips上昇し、会社Bにて証拠金が足りずに20pips上がった段階でマイナスになり、-30pips分の損失分のマイナス残高になります。

会社Aではそのまま50pipsの利益を取ることができ、
会社Bでは30pipsのマイナス損失は補填されるので、30pips分の利益を取ることができます。

ただし、会社間両建ては禁止しているところもあります。

複数口座にてリスクの高い/低い自動売買システムを両方稼働させる

複数の口座を作り、一方の口座はリスクの高い自動システム(EA)を稼働させて、もう一方はリスクの低い自動システムを稼働させることにより、
もしリスクの高い自動システムが破綻してゼロカットを受けても、他の自動システムは継続して稼働させることができます。

まとめ:ゼロカットシステムは必要か?

もし、リスクの低いような取引をしていればゼロカットシステムは必要ないと思う方もいるかもしれません。

しかしながら何が起こるかわからないのが相場。
想定外または100年に一度の暴落と言われるものが過去に何回も10・20年間に起こっています。
(100年に一度と言われることが何回も起こるのは相場の構造に起因します。)

取引を続けていればいずれ想定外の急騰・暴落にぶち当たります。

このようなときにゼロカットシステムがあれば最悪の損失は口座に入れたお金だけなのでこのシステムは万人に必要だと考えます。

またゼロカットシステムがあれば戦略の幅も広がりますので、国内のFXをやっている方はぜひ海外のFXを会社をおすすめします。

初心者向け 海外FX
フォローする
海外FX取引会社ランキング
XM(エックスエム)

XMは出金拒否や約定拒否などのトラブルもなく、人気No.1のFX会社です。
XMの主な特徴はレバレッジ・ボーナス・約定力。
レバレッジ888倍と口座開設のみで3000円分取引できるボーナス、全注文の99.35%は1秒以内で約定。
ゼロカットもあり、海外FX初心者がまず開く口座としてもうってつけです。
これらの強力な特徴により国内FXのトレーダーより一歩先んじることができます。
口座開設方法

AXIORY(アキシオリー)

こちらも強力な約定力・さらに極小スプレッドも実現している会社です。
公正な運営・最新取引ソフト「cTrader」対応(もちろんMT4も)という特徴もあり人気を集めています。
レバレッジは400倍、スキャルピングの制限もなく、スキャルパーにも注目されています。
安心して取引ができるおすすめの会社です。
さらに7/1~7/20まで最大3万円もらえるキャンペーン実施中!
口座開設方法

GEMFOREX(ゲムフォレックス)

入金しなくても2万円分取引できる口座開設キャンペーンをよく行っています。
しかも出た利益は自分のものになります。
スプレッドは国内FX業者と同レベルの極小スプレッド、レバレッジは1000倍。
約150種類を超えるEA(自動売買ソフト)が無料で使える会社です。
最近、無制限無料で使える条件も低くなったのでおすすめの取引会社です。
口座開設方法

FBS

FBSは最大3000倍のレバレッジと100ドル(約1万円)未入金ボーナス、さらに出金もできるボーナスやキャシュバックなど
他の会社には全くない特徴を兼ね備えていた海外FX会社です。
もちろんこのような特異な特徴をもちながらNDDやゼロカットなどの海外FXの基本的なスペックも兼ね備えており、
スキャルピングなどの取引制限もありません。
最初は入金せずに1万円分の取引が楽しめるので気になった方はまず触ってみることをおすすめします。
口座開設方法

FX MT4用オリジナルEA(自動売買)「Volt」&オプティマルfツールプレゼント!

今キャンペーンとして当ブログから海外FX口座を開設していただくとオリジナルEA「volt」をプレゼント!
2年で利益が約3倍、 さらに1つのポジションしか取りませんので、リスクが少ないのも特徴。

さらに裁量でも使えるオプティマルf計算ツールも添付。
この機会をぜひお見逃しなく。

fxブログ | シストレで複業でも勝ち組に!

コメント

タイトルとURLをコピーしました