海外FXのFBSを10のメリットと3つのデメリットで分けて精密に評価・解説

おすすめFX会社

FXで最高のレバレッジを求めるならここ、海外FX会社のFBSになりますね。

FBSは、レバレッジ最大3000倍を提供する世界で唯一のFX会社であり、これより上のレバレッジはどこを探してもありません。

その他、この会社でトレードしたくなるような、他の会社にはないメリットがFBSにはあります。

ただし、その代わりに人を選ぶようなデメリットもあるので、この記事ではそのメリットとデメリットの両方を詳細に解説します。

また、後述するようにFBSのサイトは日本語が変なところがあるので、
変なところは英語版のサイトも見て情報の確認を取って解説しています。

  1. FBS最大のメリットは世界で唯一の3000倍という圧倒的なハイレバレッジ
  2. トレードでFBSを選ぶ10個のメリット・3つのデメリット
  3. 類を見ない出金可能なボーナスなどボーナスの種類が豊富
    1. 新規口座開設で自動でつく100ドルのボーナス「Trade 100 Bonus」
    2. 取引アプリのガイダンスで出た利益を出金できる、FBSの「クイックスタートボーナス」
    3. FBSの100%入金ボーナス。しかも上限額は1万ドルで出金も可能
      1. ・FBSの100%入金ボーナスの出金について
    4. FBSの100%入金ボーナスの注意点
      1. ・すべての種類の口座で100%入金ボーナスがもらえるわけではない
      2. ・ボーナスを受け取る口座の最大レバレッジは500倍になる
      3. ・口座残高がボーナス額の30% 以下になるとボーナス消滅
      4. ・ ボーナス額はロスカットレベルの計算に含まれない
    5. 取引量に応じてキャッシュバックされるキャンペーンあり
  4. FBSは信託保全制度があり、安全性や信頼性も○
    1. FBSの運営歴と評価
    2. FBSの金融ライセンスについて
    3. FBSには完全信託保全制度あり
    4. FBSはFCバルセロナのオフィシャルパートナー
  5. ロスカット水準は20%。ゼロカットシステムで追証なし。
    1. ゼロカットシステムを搭載
    2. ロスカット水準は低め
  6. 透明性が高いNDD方式を採用!取引制限なし。
      1. ・DD方式とは
      2. ・NDD方式とは
  7. 人気の取引ソフトMT4と最新のMT5がFBSで使える
  8. 利用条件がゆるい無料VPSサーバーの提供
  9. 通貨の他に貴金属・指数・株式も取引できる
  10. 6種類の口座からトレードスタイルに合う口座を選択できる
  11. bitwalletによる入出金に対応。簡単に入出金できる。
    1. 他の入出金方法
  12. FBSのデメリット
    1. FBSの公式サイトやサポートの日本語能力に難があり、多少使いづらい
    2. 全種類の口座がMT5や日本円口座に対応しているわけではない
    3. 通貨ペアは豊富ではない
  13. まとめ

FBS最大のメリットは世界で唯一の3000倍という圧倒的なハイレバレッジ

上で説明したように、このレバレッジは他社にはありません。
海外FX各社のレバレッジは現在、以下のようになっています。

海外FX業者最大レバレッジ
Tradeview200倍
FXCM200倍
FOREX.com200倍
Axiory400倍
iForex400倍
FXDD500倍
XM888倍
TitanFX500倍
FxPro500倍
GEMFOREX1,000倍
is6com1,000倍
FBS3,000倍

このようにFBSのレバレッジは他社と比べても突出して大きいレバレッジであることがわかります。

さらにFBSには海外FXによくあるゼロカットシステムがあるため追証もありません。

※FBSの口座には種類があり、そのうちセント口座は最大1000倍、ECN口座は最大500倍です。

ハイレバレッジは危険なのでは?

はい、もちろん口座に入っているお金すべてを証拠金にして取引にあてた場合は危険です。
ただこのようなことを国内FXでやれば、追証があるのでさらに危険な場合があります。

しかし同じ額、例えば1万ドルなどを取引しようとした場合は断然ハイレバレッジが有利です。

詳しく知りたい方は以下記事を参考にしてください。

トレードでFBSを選ぶ10個のメリット・3つのデメリット

一番のFBSのメリットを紹介したあとで、結論としてそのほかのメリット・デメリットをこちらにまとめました。

公式ページの日本語が変で少々読みづらかったり、最初に日本円口座が作れないため、初心者にはあまりFBSは向かないかもしれません。

しかし、最大3000倍のレバレッジ豊富なボーナスがあるので多少の使いづらさを気にしなければ、初心者であってもトレードで使える会社の一つとなりえます。

さらにVPSが無料になる条件のハードルは他社と比べても段違いに低いので、自動売買されている方にもぜひおすすめしたい海外FX会社です。

Trade with the best

上の動画がFBSについてよくまとまっています。

類を見ない出金可能なボーナスなどボーナスの種類が豊富

FBSは他社と比較してもボーナスが豊富に用意されています。

「ボーナス」とは

アーケードゲームのクレジットのようもので、入金した残高+ボーナスで、入金額以上の取引ができます。

ボーナスは出金することはできません。
しかし、ボーナスを使って取引した結果で出た利益は引き出すことができます。

ここまでは他社にもある仕組みですが、FBSでは条件を満たせばボーナスすらも出金できる稀有なものもあります。

さらに他社にはないキャッシュバック制度もあります。

FBSのボーナスの種類は豊富なので一つずつ紹介し、キャッシュバック制度も開設します。

新規口座開設で自動でつく100ドルのボーナス「Trade 100 Bonus」

新規口座開設のみで100ドルのボーナスがついてきます。

つまり、入金をすることなく、無料でトレードを始められます。

口座開設時に口座タイプで「Trade 100 Bonus」を選んで口座開設すればこれを受け取ることができます。

このFBSの口座開設ボーナス「Trade 100 Bonus」の概要は以下の通りです。

  • 口座開設時にTrade 100 Bonus MT5を選択、本人確認提出の必要なし
  • 取引ソフトは、MT5(後述)
  • 最大レバレッジは100倍
  • 注文可能ロット数は0.01lot(1000通貨)、最大5ポジションまで建てられる
  • ボーナスの有効期限は、最長50日間
  • 利益は、最大100ドル
  • 30日以内に※5ロット以上の往復取引をすれば利益の出金が可能になる

※利益、もしくは損失の幅が100pipsのみの取引が対象。

このように「Trade 100 Bonus」は出金の条件が厳しすぎるので、FBSを試せて、あわよくば出金できるという心持ちでトレードに望んだほうがよいでしょう。

取引アプリのガイダンスで出た利益を出金できる、FBSの「クイックスタートボーナス」

FBSの取引アプリをインストールして、ボーナスアカウントを作成(メアド)すると、100ドルのボーナスがつき、アプリのチュートリアルがスタートします。

ボーナスアカウントはメールアドレスのみで開けます。

そして、チュートリアルに従って取引を行い、最後に72時間、ボーナスを使って入金することなく自由に取引できます。

出た利益はFBSの通常の口座に移すことができ、通常の口座にて1lot取引ごとに5ドルの利益を引き出すことができます。

ただし、このボーナスアカウントのレバレッジは500倍です。
さらに、チュートリアルなどは10日かかるため、余裕を持って取り組めばよいかと思います。

FBSの100%入金ボーナス。しかも上限額は1万ドルで出金も可能

100%入金ボーナスは、文字通り口座に資金を入金することで、入金額に対し100%分のボーナスがもらえる常時開催キャンペーンです。

ボーナス上限は10,000ドル(100万相当)他社と比べても 破格です。
(有名なXMやLAND FXでも上限は50万円)

さらにボーナス上限に達するまでは、何回入金しても100%ボーナスがもらえます。

つまり以下のようなイメージです。

入金額獲得ボーナス額合計
1万円1万円2万円
10万円10万円20万円
30万円30万円60万円
100万円100万円200万円
300万円100万円400万円
500万円100万円600万円

・FBSの100%入金ボーナスの出金について

もちろんボーナスを使って取引した利益は出金できます。
「Trade 100 Bonus」にある出金の制限や上限などはありません。

さらにこのボーナスも条件を満たせば出金できます。

条件は必要取引数を満たすだけ。
「取引lot数×1$」のボーナス額を出金することができます。

つまり、 $900のボーナスを出金したいのであれば、 900 lots取引すれば出金できます。

FBSの100%入金ボーナスの注意点

・すべての種類の口座で100%入金ボーナスがもらえるわけではない

まず、すべての口座の種類で100%ボーナスをもらえるわけではありません。
もらえる口座は以下になります。

  • スタンダード口座
  • セント口座
  • マイクロ口座
  • ゼロカットスプレッド口座

以下の口座の種類はFBS100%ボーナスをもらうことができませんにおで注意が必要です。

  • ECN口座
  • Trade 100 Bonus 口座
  • セント MT5口座
  • スタンダード MT5口座

・ボーナスを受け取る口座の最大レバレッジは500倍になる

スタンダード口座やマイクロ、ゼロスプレッド口座はレバレッジが3000倍、セント口座は1000倍ですがボーナスを受け取る口座はすべて500倍に統一されます。

500倍でも十分ですが、もし1000倍や3000倍の取引をしたいのであれば、100%の入金ボーナスをしなければ、これらのレバレッジで取引することができます。

・口座残高がボーナス額の30% 以下になるとボーナス消滅

他社では「自己資金がゼロになると保有ボーナス全額消滅」という条件の業者は結構ありますが 、FBSではこれよりも厳しい条件になります。

例えば、10万円入金して10万円分のボーナスをもらい、資金20万円で取引するとします。
その結果、有効証拠金が10万円から3万円未満になると保有ボーナス10万円は全額消滅してしまいます。

このようなことにならないように損切りなどで30%以上を維持し、注意して取引ですね。

・ ボーナス額はロスカットレベルの計算に含まれない

他社では「口座残高+ボーナス額」の有効証拠金に対してロスカット水準が設定されていることが多いです。

しかし、FBSではこのボーナス額を含まない、口座残高のみに対して設定されます。

ですのでロスカット水準を考えるときは必ず口座残高のみで考えるようにしましょう。

取引量に応じてキャッシュバックされるキャンペーンあり

FBSのキャッシュバックはボーナスとは違って制限などは特にないのでおすすめできます。

また、このようなキャッシュバックキャンペーンがある海外FX会社はほとんどないので、貴重です。

FBSのキャッシュバック額は取引口座と通貨ペアによって異なり、最大で$15/1ロット。例えばスタンダード口座のUSD/JPYとEUR/USDのキャッシュバック額は、いずれも$2/1ロットとなっています。

FBSは信託保全制度があり、安全性や信頼性も○

FBSの運営歴と評価

海外FXを選ぶ上で重要なのがやはり会社の信頼性と運用実績でしょう。
FBSはサービス提供開始が2009年で、XMと同じだけの運営実績を持っています。日本人顧客だけではなく、ヨーロッパのトレーダーからの評価も高いです。

さらに利用している投資家は500万人以上、取引高も年間5億ドルと非常に大規模です。

海外FX業者には運営実績が怪しく、入出金でトラブルが発生するところもままあります。
しかし、FBSの場合にはこれまで膨大な入出金実績があり、入出金トラブルなども報告されていません。

FBSの金融ライセンスについて

金融ライセンスについては、親会社にあたるFBS Markets Inc社がベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)とキプロス証券取引委員会(CySEC)の2つを取得しています。

FBSには完全信託保全制度あり

海外FXでは非常に珍しく、FBSは国内のFX会社同様の完全信託保全にて顧客が預けた資産を管理。

このことからも安心して取引できる会社だと言えます。

FBSはFCバルセロナのオフィシャルパートナー

FBSは2020年1月から有名なサッカーチーム、FCバルセロナの公式スポンサーとなっています。

公式スポンサーの中にはネスレやoppo(スマホメーカー)、コカコーラなどもあり、この中に並ぶ企業であるということは、社会に一定の信用がある会社といって良いでしょう。

ロスカット水準は20%。ゼロカットシステムで追証なし。

ゼロカットシステムを搭載

海外FXのFBSにも、他社と同じくもちろんゼロカットシステムがあります。

ゼロカットシステムは、FXの取引中にポジションの損失などで
FX口座残高がマイナスになってしまった場合にFX会社が損失分を補てんしてくれるシステム
の事です。

要はこのシステムがあると失うのは口座に入金した額のみです。

それと違って国内FX業者や株の場合は「追証(おいしょう)」という仕組みがあり、口座残高以上の損が発生してしまった場合これを支払わなければいけません。

ですので、この国内の追証は借金を生む恐れもあります。

ロスカット水準は低め

FBSのロスカット水準は20%以下と海外FX業者の中でもかなり低めです。

これより低いロスカット基準を持つ会社はロスカット水準が0%のiForexぐらいです。

FBSではこの低いロスカット水準があることにより、持っているポジションとは逆方向に相場が動いても、ギリギリまで耐えてポジションを持つことができます。

透明性が高いNDD方式を採用!取引制限なし。

国内のFX会社などはDD方式を採用しています。
その一方でFBSの注文方式は透明性が高いNDD方式を採用しています。

また、FBSはスプレッドや取引手数料から利益を得ているためスキャルピングの規制やシステムトレード・EAによる取引など規制は一切ありません。

DD方式とNDD方式

・DD方式とは

FXは 銀行・為替ブローカー・金融当局の3つの業者間で取引が行われます。

これをインターバンク市場と言いますが、DD方式はFX業者がこの市場とトレーダーの間に入ってトレーダーの注文を流します。

FX業者は市場とトレーダーとの間に入っているので注文をインターバンク市場流さないことがあります。
流さなかった場合(いわゆる呑み行為)は、 トレーダー が勝つとFX業者が支払う事になります。

ただし、このときにトレーダーが負けるとこのトレーダーの損がそのままFX業者の利益になります。

トレーダーとFX業者の取引でFX業者が利益を得ているため、FX業者のもう一つの収入源のであるスプレッドを小さくできたり、原則固定にでき、スプレッドを小さくできるのがこの方式の特徴です。

しかし、こちらの方法は間の業者が入るので、なにをやっているか不透明です。

・NDD方式とは

DD方式とは反対にNDD方式はFX業者が間に入らずトレーダーの注文をインターバンク市場にそのまま、自動的に流す仕組みになります。

NDD方式は透明性が高い代わりにFX業者の収入源となるスプレッドが、DD方式を採用しているFX業者よりも広がる傾向にあります。

⇒DD方式とNDD方式について詳しくはこちらから

人気の取引ソフトMT4と最新のMT5がFBSで使える

もちろん、FBSは取引&チャートソフトで人気かつ定番のMT4に対応しており、さらに最新のMT5にも対応しています。

MT5に対応している会社は少ないので貴重です。

MT4MT5
価格無料無料
チャート表示複数表示可能複数表示可能
デフォルトの
インジケーターやオシレーターの数
とても多いとても多い
気配値、ナビゲーターウィンドウ普通使いやすい
両建て
ワンクリック注文
ストラテジーテスターの使用
動作速度普通快適
時間足の種類9種類21種類
カスタムインジケーターの数とても多い普通
EAの数とても多い普通
対応している海外FX業者海外FX会社ほぼすべて少ない

MT5のほうが画面が分かりやすく動作速度も快適です。

EA(自動売買プログラム)を使わない、かつ一般的なテクニカル指標を使うのであればMT5が動作速度が速いのでおすすめです。

一方ちまたで配布・販売されているEAやテクニカル指標(インジケーター)を使うのであればMT4がおすすめです。

販売・配布されているEAなどはMT4のみ対応がほとんどです。

さらにMT4・MT5両方ともiOS・Androidアプリもあります。
このアプリで取引や自分のポジションの確認・チャートの表示が外出先でもできます。

口座作成時にMT4・MT5の選択があります。
選択すると、選択したソフトしかその口座で使うことができません。
しかし、あとでもう一方の口座も追加することができます。

利用条件がゆるい無料VPSサーバーの提供

VPSとは、簡単に言えば24時間動く、リモートで操作できるパソコンです。 VPS上にMT4やEAを設置すれば、手軽に常時稼働の24時間自動売買環境を作ることが可能です。

他の海外FXでもVPSは提供していますが、「無料で」利用させるということで利用条件が厳しいことが多いのが現状です。

しかしFBSでは簡単な利用条件しか設けていません。

  • 1ヶ月目 : 450ドル以上の入金&3ロット以上の取引&利用申請
  • 2ヶ月目以降 : 3ロット以上の取引

たったこれだけです。

もし利用条件を達成できなかったとしても、 月額33ドルで利用することができます。

自動売買で取引している方にとって、この条件でVPSが使えるのは嬉しいですね。

通貨の他に貴金属・指数・株式も取引できる

とくに株式を扱っている海外FXはあまりなく、その中でFBSは珍しい存在です。

  • パラジウム
  • プラチナ
  • ブレント原油
  • WTI原油
  • DAX30
  • NASDAQ
  • S&P500
  • ダウ
  • AIG
  • ALCOA
  • ALIBABA
  • AMAZON
  • APPLE
  • AT&T
  • BAC
  • BNTX
  • CISCO
  • CITIGROUP
  • COCA-COLA
  • DISNEY
  • EBAY
  • FACEBOOK
  • FORD
  • GE
  • GILD
  • GM
  • GOOGLE
  • HP
  • IBM
  • INO
  • INTEL
  • JPMORGAN
  • MASTERCARD
  • MCDONALDS
  • MICROSOFT
  • MRNA
  • NETFLIX
  • NIKE
  • NVIDIA
  • ORACLE
  • PEPSICO
  • PFE
  • PFIZER
  • SNY
  • TESLA
  • VISA
  • WALMART

開いた表を下から見ていってもネットフリックスやナイキ、VISAなどの有名な企業があり、貴金属や指数も含めて、ハイレバ追証なしの通貨と同じ環境・同じ口座で取引可能です。

FXの通貨の取引に慣れたら、他の貴金属や指数、株式を試してみるといいでしょう。

6種類の口座からトレードスタイルに合う口座を選択できる

FBSでは以下6種類の口座が用意されており、自分のトレードに合うものを選択できます。

口座の種類 Trade100
Bonus
口座
セント
口座
マイクロ口座スタンダード
口座
ゼロスプレッド
口座
ECN
口座
最低入金額必要なし1ドルから5ドル
から
100ドルから500ドル
から
1000ドル
から
ボーナス未入金ボーナス100$100%入金ボーナス100%
入金ボーナス
100%
入金ボーナス
100%入金ボーナスなし
キャッシュバック適用××
スプレッド 0,5 pipから、
変動スプレッド
1 pipから、
変動スプレッド
3 pipsから、
固定スプレッド
0,5 pipから、
変動スプレッド
固定スプレッド 0 pip– 1 pipから、
変動スプレッド
取引
手数料
無料無料無料無料往復2.0pips/lot往復0.6pips/lot
最大レバレッジ100倍1000倍3000倍3000倍3000倍500倍
円口座 ×××
注文可能
ロット
0.01
ロット
0,01から1000 セントロットまで
(0,01ステップで)
0,01から500ロットまで
(0,01ステップで)
0,01から500ロットまで
(0,01ステップで)
0,01から500ロットまで
(0,01ステップで)
0,1から500ロットまで
(0,1ステップで)
MT5
対応
MT5のみ×××
注文実行
環境
STP
(NDD)
最短0.3秒で実行
STP
(NDD)
最短0.3秒で実行
STP
(NDD)
最短0.3秒で実行
STP
(NDD)
最短0.3秒で実行
STP
(NDD)
最短0.3秒で実行
ECN
(NDD)

ずばり、おすすめは「Trade100Bonus」口座スタンダード口座です。

まずFBSを試してみたい・もしくは初心者であれば入金が必要ない「Trade100Bonus」口座を、
通常のトレードであればスタンダード口座が最適です。

複数口座を作ることができるので
Trade100Bonusで試す⇒スタンダード口座で通常のトレード
が一番いいですね。

そして、もしECN口座を使いたいのであっても、はっきり言ってFBSは手数料が高いかつ円対応口座が開けないのでおすすめしません。

ECN口座を使いたいのであればAXIORYをおすすめします。

また、通常のトレードの用途であればスタンダード口座以外は取引コストなどが見劣りしますし、お試しの用途であれば「Trade100Bonus」の入金不要の口座に勝るものはありません。

bitwalletによる入出金に対応。簡単に入出金できる。

bitwalletとは

シンガポール法人のbitwallet PTE LTDが運営しているオンラインウォレット(電子財布)サービス。

  • 口座維持費無料
  • 完全日本語対応
  • クレジットカード・銀行振込・Apple Payに対応

入出金に対応している海外FX会社は多いので海外FXやFBSで取引するならぜひ用意してほしいサービスです。

bitwalletを利用すれば、入金は手数料無料で即時反映、銀行口座への出金も824円のみで済み、最短1営業日で反映されます。

他の入出金方法

その他の入出金方法でもし使うとすれば、VISAがJCBになります。

FBSのデメリット

FBSの公式サイトやサポートの日本語能力に難があり、多少使いづらい

私がサポートを受けた感想として、親切でがんばっている印象を受けました。

ですが、
やっぱり日本語能力に多少難があり、ニュアンスや意味がつかみきれない部分がありました。

公式サイトも日本語が間違っている部分があり、読みづらかったりします。

トップページ。
正しい翻訳は
「FBSのFX取引で簡単に稼ぐことができます。私たちFBSは最高の顧客体験と数多くの取引チャンスをトレーダーの皆様へ提供できるよう心がけております。」

ですが、全体としては意味が読み取れるので使う分には問題ないと感じます(笑)

全種類の口座がMT5や日本円口座に対応しているわけではない

6種類の口座からトレードスタイルに合う口座を選択できるの表を見てもらえればわかるのですがすべての種類の口座がMT5や日本円口座に対応しているわけではなくまちまちです。

結局のところ、この両方が対応している口座はStandard口座のみになります。

通貨ペアは豊富ではない

前述したとおり、貴金属や株式なども取りそろえている特徴もFBSにはあります。

しかし、通貨ペアに関しては例えば超マイナー通貨を扱っているXMなどと比較すると、少なさが目立ちます。

もちろん、ドルやユーロやポンド、豪ドルやニュージーランド円などメジャーな通貨は一通り扱っているため、マイナーな通貨を求めない限りは問題なくトレードできると思います。

まとめ

ゼロカットやNDD、MT4/MT5対応という海外FXの基本的はスペックを備えながら、他社にはない最大3000倍のレバレッジと豊富なボーナスを兼ね備えている海外FX、FBS。

若干使いづらい面もありますが、これらの特異な特徴はそれを忘れさせるくらい大きいものですので、興味を持った方はとりあえず「Trade 100 Bonus」口座を開いて、入金なしでまず試してみてはいかがでしょうか。

おすすめFX会社 海外FX
フォローする
海外FX取引会社ランキング
XM(エックスエム)

XMは出金拒否や約定拒否などのトラブルもなく、人気No.1のFX会社です。
XMの主な特徴はレバレッジ・ボーナス・約定力。
レバレッジ888倍と口座開設のみで3000円分取引できるボーナス、全注文の99.35%は1秒以内で約定。
ゼロカットもあり、海外FX初心者がまず開く口座としてもうってつけです。
これらの強力な特徴により国内FXのトレーダーより一歩先んじることができます。
口座開設方法

AXIORY(アキシオリー)

こちらも強力な約定力・さらに極小スプレッドも実現している会社です。
公正な運営・最新取引ソフト「cTrader」対応(もちろんMT4も)という特徴もあり人気を集めています。
レバレッジは400倍、スキャルピングの制限もなく、スキャルパーにも注目されています。
安心して取引ができるおすすめの会社です。
さらに7/1~7/20まで最大3万円もらえるキャンペーン実施中!
口座開設方法

GEMFOREX(ゲムフォレックス)

入金しなくても2万円分取引できる口座開設キャンペーンをよく行っています。
しかも出た利益は自分のものになります。
スプレッドは国内FX業者と同レベルの極小スプレッド、レバレッジは1000倍。
約150種類を超えるEA(自動売買ソフト)が無料で使える会社です。
最近、無制限無料で使える条件も低くなったのでおすすめの取引会社です。
口座開設方法

FBS

FBSは最大3000倍のレバレッジと100ドル(約1万円)未入金ボーナス、さらに出金もできるボーナスやキャシュバックなど
他の会社には全くない特徴を兼ね備えていた海外FX会社です。
もちろんこのような特異な特徴をもちながらNDDやゼロカットなどの海外FXの基本的なスペックも兼ね備えており、
スキャルピングなどの取引制限もありません。
最初は入金せずに1万円分の取引が楽しめるので気になった方はまず触ってみることをおすすめします。
口座開設方法

FX MT4用オリジナルEA(自動売買)「Volt」&オプティマルfツールプレゼント!

今キャンペーンとして当ブログから海外FX口座を開設していただくとオリジナルEA「volt」をプレゼント!
2年で利益が約3倍、 さらに1つのポジションしか取りませんので、リスクが少ないのも特徴。

さらに裁量でも使えるオプティマルf計算ツールも添付。
この機会をぜひお見逃しなく。

fxブログ | シストレで複業でも勝ち組に!

コメント

タイトルとURLをコピーしました