FXのDD方式とNDD方式の違い|さらにSTPとECNの違いは?

初心者向け

FXを始めたり、FX会社を選ぶ上でよく出てくる単語がこの「DD方式」と「NDD方式」ですね。

またややこしいですが「NDD方式」にも「STP」と「ECN」の2種類あります。

実際にどれがいいのか? などこの記事ではそれぞれのメリット・デメリットを説明します。

FX取引方式の分類

FX会社の取引方式はこのように分かれます。

まず大きくDD(Dealing Desk)方式とNDD(No Dealing Desk)に分かれます。

このNDD方式は、さらにSTP(Straight Through Processing)とECN(Electronic Communications Network)に分かれます。

国内のFX会社では主にDD方式を採用しているところが多く、海外FXでは逆にNDD方式を採用しているところが多くなっています。

さらに海外FX会社の多くはSTPとECNの両方を取り扱っているところが多いため、同じ会社であってもSTPとECN方式の両方の口座を持つことが可能です。

DD方式とNDD方式の違いとSTP方式とECN方式の違い

DD方式とは

FXは 銀行・為替ブローカー・金融当局の3つの業者間で取引が行われます。

これをインターバンク市場と言います。

さらにFX業者にはディーラーデスクがあり、
このディラーがインターバンク市場とトレーダーの間に入ってトレーダーの注文を流すかどうか決めます。

つまり、FX業者は市場とトレーダーとの間に入っているので注文をインターバンク市場に流さないことがあります。
流さなかった場合(いわゆる呑み行為)は、 トレーダー が勝つとFX業者が支払う事になります。

ただし、このときにトレーダーが負けるとこのトレーダーの損がそのままFX業者の利益になります。

こちらの方法は間の業者が入るので、なにをやっているか不透明です。

しかし、トレーダーとFX業者の取引でFX業者が利益を得ているため、FX業者のもう一つの収入源のであるスプレッドを小さくできたり、原則固定にできるのがこの方式の特徴です。

NDD方式とは

DD方式とは反対にNDD方式はFX業者のディーラーが間に入らずシステムがトレーダーの注文をインターバンク市場にそのまま、自動的に流す仕組みになります。

NDD方式は透明性が高い代わりにFX業者の収入源となるスプレッドがDD方式を採用しているFX業者よりも広がる傾向にあります。

このNDD方式はさらに以下2種類の方式に分けられます。

STP方式とは

STP方式とは「Straight Through Processing」の略で、名前の通りトレーダーとカバー先金融機関やリクイディティ・プロバイダー(FXの価格を供給する業者)を直接繋ぐシステムのことをいいます。

STP方式は金融機関などが提示している価格から最も有利な価格を自動で選択し、その価格にFX業者の儲けにあたるスプレッドを上乗せてトレーダーに価格を提示しています。

STP方式は提携している金融機関の質により、有利な価格を選択できる可能性があるため提携先金融機関の情報は重要です。

しかしながら提携先金融機関の情報を公開しているのはAxioryくらいです。

STP方式は金融機関に流された注文がどのように処理されるか不透明な部分があるので、 下記ECNに比べると少々不透明な部分が残ります。

ECN方式とは

ECNとは「Electronic Communications Network」の略で、ネット上で金融商品が電子取引できる私設取引システムのことをいいます。

「Currenex」「Hotspot」「LMAX」などが海外では有名なECNですが、日本であれば「くりっく365」がこのECNにあたります。

ECN方式では、参加している金融機関やリクイディティ・プロバイダー(LP)同士で株式の板取引と同じ要領で取引が行われます。

自分が買い注文と他の売り注文をぶつけることで取引が成立します。ECN方式を採用したFX業者であれば、個人でも金融機関やLPと同じ土俵で直接、トレードが可能です。

ただし、こちらはスプレッドが上乗せされていないため、取引毎に取引手数料を徴収する業者が多いです。

DD・NDD・STP・ECNのメリットとデメリット

以上をまとめるとメリットとデメリットはこのようになります。

DD方式のメリット・デメリット

・メリット

  • スプレッドが極端に狭いことが多く、固定スプレッドもあり
  • レートも安定している(FX会社が提示しているため)
  • 約定率は比較的安定している

・デメリット

  • 取引や注文の処理が不透明
  • ユーザーの損失が会社の利益になる。
  • 不利なレートを提示される可能性がある。
  • つまり、有利なレートや勝っているユーザーに対して約定拒否などを起こす可能性もある。
  • 利益を出しすぎると口座凍結などの恐れもある。

NDD方式のメリットデメリット

・メリット

  • レートの透明性、信憑性が担保されている
  • 有利なレートを提示できる
  • 約定拒否などは起こり得ない。
  • 取引量が多いと価格がずれて約定されることがある。

・デメリット

  • スプレットが広くなりがち

STP方式のメリットデメリット

以上のNDD方式のメリットデメリットに加えて以下のメリットデメリットがあります。

・メリット

  • スプレッドとしてFX会社の収益が上乗せされているため手数料無料が多い、
    手数料計算しなくてよい。

・デメリット

  • スプレットが広くなりがち
  • ECNよりも若干不透明さは残る

ECN方式のメリットデメリット

以上の同じく、NDD方式のメリットデメリットに加えて

・メリット

  • スプレッド+手数料でもSTP方式よりも取引コストが安い場合もある。
  • 一番価格の透明性が高い。

・デメリット

  • 取引コストを計算する場合、スプレッド+手数料となるため若干計算が複雑になる。

国内・海外FXのDD方式の会社・NDD方式の会社まとめ

国内と海外のFX業者の方式を表で分けてみました。

FX業者DDSTPECN
海外XM
Axiory
Titan FX
国内OANDA Japan
DMM FX
GMOクリック証券
FXTF

海外FXに関してはこの記事の下にそれぞれの会社の詳細をまとめていますのでご参照ください。

国内FXに勝る海外FXの特徴を詳細解説! FX会社も比較。

海外FXは国内FXよりもチャンスは多くあり、借金の心配も必要ありません!
海外FXをやったことない方、また初心者向けに海外FXとはどのようなものか解説しています。

おすすめの海外FXを表も用いて比較・解説。
海外FX会社を探してる方にも有用な内容を掲載しています。

初心者向け 海外FX
海外FX取引会社ランキング
XM(エックスエム)

XMは出金拒否や約定拒否などのトラブルもなく、人気No.1のFX会社です。
XMの主な特徴はレバレッジ・ボーナス・約定力。
レバレッジ888倍と口座開設のみで3000円分取引できるボーナス、全注文の99.35%は1秒以内で約定。
ゼロカットもあり、海外FX初心者がまず開く口座としてもうってつけです。
これらの強力な特徴により国内FXのトレーダーより一歩先んじることができます。
口座開設方法

AXIORY(アキシオリー)

こちらも強力な約定力・さらに極小スプレッドも実現している会社です。
公正な運営・最新取引ソフト「cTrader」対応(もちろんMT4も)という特徴もあり人気を集めています。
レバレッジは400倍、スキャルピングの制限もなく、スキャルパーにも注目されています。
安心して取引ができるおすすめの会社です。
さらに7/1~7/20まで最大3万円もらえるキャンペーン実施中!
口座開設方法

GEMFOREX(ゲムフォレックス)

入金しなくても2万円分取引できる口座開設キャンペーンをよく行っています。
しかも出た利益は自分のものになります。
スプレッドは国内FX業者と同レベルの極小スプレッド、レバレッジは1000倍のおすすめの取引会社です。
口座開設方法

FBS

FBSは最大3000倍のレバレッジと100ドル(約1万円)未入金ボーナス、さらに出金もできるボーナスやキャシュバックなど
他の会社には全くない特徴を兼ね備えていた海外FX会社です。
もちろんこのような特異な特徴をもちながらNDDやゼロカットなどの海外FXの基本的なスペックも兼ね備えており、
スキャルピングなどの取引制限もありません。
最初は入金せずに1万円分の取引が楽しめるので気になった方はまず触ってみることをおすすめします。
口座開設方法

fxブログ | シストレで複業でも勝ち組に!

コメント

タイトルとURLをコピーしました