MT4やEAを動かすのに必要なパソコンのスペック

MT4・MT5

結論から言えばMT4を動かすだけだと、少し性能の低いパソコンでも動かせます。

もしMT4が重いと感じるのであればスペックの問題や、設定上の問題や、他のソフトの問題などが考えられます。

これも含めてMT4やEAを動かせるために必要なスペックについて解説します。

結論:MT4やEAを動かすのに欲しいスペック

快適に動かせる推奨スペック

  • CPU:Intel Core i3以上もしくはAMD Ryzen 3 以上
  • メモリ:8GB以上
  • SSD:120GB以上

予算が足りない場合の最低限のスペック

  • CPU:Pentium Silver
  • メモリ:4GB以上
  • SSD:120GB以上

このスペックだとごくまれにカクつく可能性があります。

FX各社のMT4システム要件

まずMT4を採用している各社のシステム要件について見てみましょう。

FX会社CPUメモリHDD空き
FXTFマルチコアCPU 3.0GHz以上4GB以上 
FOREX.comマルチコア CPU 3.0GHz 以上2G 以上推奨1G 以上
外為ファイネスト1.2Ghz1GB
XMインテル・セレロンをベースとする1.7 GHz以上のCPU256 Mb以上50 Mb
GEMFOREX インテル・セレロンをベースとする1.7 GHz以上のCPU 256 Mb50 Mb  
FBSインテル・セレロンをベースとする1.7 GHz以上のCPU250Mb50Mb

上3つが国内のFXで下が海外FXです。
国内のFXは要件がバラバラのようです。

これはMT4公式サイトにて、

Other hardware requirements depend on terms of using the terminal – load from running MQL4 applications, number of active instruments and charts, etc.

https://www.metatrader4.com/ja/trading-platform/help

インジケーターやチャートの数によってシステム要件が変わると記載されています。(EAの数によっても変わると考えれられます。)

そのため国内FX各社が求めるシステム要件が変わるのだとも考えれられます。

MT4やMT4 EAを快適に動かせるためのスペックは?

冒頭でも説明しましたが、以下になります。

  • CPU:Intel Core i3以上もしくはAMD Ryzen 3 以上
  • メモリ:8GB以上
  • SSD:120GB以上

CPU

CPUはパソコンの頭脳に当たる部分です。

CPUメーカーはIntel とAMDがあります。

IntelのCPUの性能順として以下になります。
Core i9 > Core i7 > Core i5 > Core i3 > Pentium > Celeron

AMDのCPUの性能順として以下になります。
Ryzen 9 > Ryzen 7 > Ryzen 5 > Ryzen 3 > Athlon

実際のところ、MT4やMT5であれば、 AthlonやPentiumなどの低いCPUの能力でも動きます。
(Celeronは重いので全くおすすめしません。)

ただし、このような低い性能のCPUの場合Windows Updateなどの裏で動いている他のソフトの影響で重くなる可能性があります。

よって快適に動かせるのは、Intel Core i3以上もしくはAMD Ryzen 3 以上になります。

Pentiumでもいちおう動く。

先ほど申し上げた通り、CPUがPentiumの場合だとごくまれにカクつくことがありますが動きます。

実際に試したことがありますので、詳細は以下をご覧ください。

メモリ

ここが大きければ大きいほどMT4内にてたくさんのチャート・インジケーター・EAを開けたり、複数のMT4を起動することができます。

8GB以上だと快適に動きます。
4GB以上あれば何個かチャートを立ち上げても普通に動くことでしょう。

HDD(ハードディスク)がデータを保存する場所になり、HDDを本棚と例えるとメモリは机になります。

ここに本棚から取り出した本(アプリやデータ ) を机の上に置きCPU(頭脳)が処理します。

ディスク(SSD,HDD)

ディスクはデータを保存する場所です。

SSDのほうがHDD(は(ハードディスク)よりも読み書きが速く、アプリの起動なども速いです。

MT4は稼働中、チャートデータを受信して読み書きを行っているため、こちらも速度に影響します。

つまりSSDのほうがHDDよりも快適に動かせます。

スペックが足りない・もしくはMT4が重たい・遅い場合

新しいPCを買う

身も蓋もない話ですがCPUが性能の低いものであれば、対策を施しても効果が薄いことがあります。

MT4以外のソフトが重いであればMT4が原因ではないのでなおさらです。
性能を満たす新しいパソコンを買うのが一番早いです。

メモリを追加する・もしくはHDDをSSDに交換する。

こちらはパソコンによっては追加・交換できるものもあり、これをすることによってスペックアップできます。

MT4以外のソフトも重いであればこちらをおすすめします。

メモリはパソコンによって合うメモリが違ってきますが、合うメモリさせわかれば差し込むだけなので難しくはありません。

HDDからSSDの交換の流れは、合うSSDを探してHDDからSSDに交換し、OSをHDDからSSDにコピーする流れです。

パソコンに合うSSDのだいたいの接続規格はSATAなので合うのを探すのは難しくはないですがその後が少し手間取るでしょう。

MT4内の設定を変更する

他ワードやエクセルなどのソフトは難なく動くのにMT4のみが重い、もしくはメモリーが少ない場合にて、MT4の設定が原因だとすれば以下が挙げられます。

  • 気配値(左側の通貨ペア一覧)を多く表示させている。
  • メモリーを多く使うインジケーターが動いている
  • ヒストリー内もしくはチャートの最大バーの数値(設定)が大きい。
  • MT4内にチャートウィンドウをたくさん表示させている
  • ニュースなどの不要な設定をしている

これらに関係する部分のMT4の設定を変更すれば改善される可能性があります。

MT4以外のソフトを見直す。

メモリやCPUの処理能力を使うソフトとしてよく挙げられるのがGoogle Chromeやセキュリティソフトです。

もしMT4やMT4以外のソフトも重い場合は、Google Chromeを閉じたり、セキュリティソフトを軽いものに変えるなどの対策によって改善する可能性があります。

国内FXに勝る海外FXの特徴を詳細解説! FX会社も比較。

海外FXは国内FXよりもチャンスは多くあり、借金の心配も必要ありません!
海外FXをやったことない方、また初心者向けに海外FXとはどのようなものか解説しています。

おすすめの海外FXを表も用いて比較・解説。
海外FX会社を探してる方にも有用な内容を掲載しています。

MT4・MT5
フォローする
海外FX取引会社ランキング
XM(エックスエム)

XMは出金拒否や約定拒否などのトラブルもなく、人気No.1のFX会社です。
XMの主な特徴はレバレッジ・ボーナス・約定力。
レバレッジ888倍と口座開設のみで3000円分取引できるボーナス、全注文の99.35%は1秒以内で約定。
ゼロカットもあり、海外FX初心者がまず開く口座としてもうってつけです。
これらの強力な特徴により国内FXのトレーダーより一歩先んじることができます。
口座開設方法

AXIORY(アキシオリー)

こちらも強力な約定力・さらに極小スプレッドも実現している会社です。
公正な運営・最新取引ソフト「cTrader」対応(もちろんMT4も)という特徴もあり人気を集めています。
レバレッジは400倍、スキャルピングの制限もなく、スキャルパーにも注目されています。
安心して取引ができるおすすめの会社です。
さらに7/1~7/20まで最大3万円もらえるキャンペーン実施中!
口座開設方法

GEMFOREX(ゲムフォレックス)

入金しなくても2万円分取引できる口座開設キャンペーンをよく行っています。
しかも出た利益は自分のものになります。
スプレッドは国内FX業者と同レベルの極小スプレッド、レバレッジは1000倍。
約150種類を超えるEA(自動売買ソフト)が無料で使える会社です。
最近、無制限無料で使える条件も低くなったのでおすすめの取引会社です。
口座開設方法

FBS

FBSは最大3000倍のレバレッジと100ドル(約1万円)未入金ボーナス、さらに出金もできるボーナスやキャシュバックなど
他の会社には全くない特徴を兼ね備えていた海外FX会社です。
もちろんこのような特異な特徴をもちながらNDDやゼロカットなどの海外FXの基本的なスペックも兼ね備えており、
スキャルピングなどの取引制限もありません。
最初は入金せずに1万円分の取引が楽しめるので気になった方はまず触ってみることをおすすめします。
口座開設方法

fxブログ | シストレで複業でも勝ち組に!

コメント

タイトルとURLをコピーしました