1台のPCにMT4を複数起動する方法と複数起動に必要なスペック

MT4・MT5

MT4は一つのPCに、同じFX業者であっても複数インストール・起動することができます。

MT4を複数起動するメリットとしては、同じFX業者の複数口座を同時に管理し、トレードすることができることです。

これは、MT4は同時に複数の口座にログインして起動できないので、同じFX業者のMT4を1つのPCに複数インストールする必要性が出てきます。

複数口座のについては以下の記事をご参照ください。

この記事では複数のMT4を一つのPC(VPS)にインストールして方法を解説し、同時に複数ののMT4を起動できるようにします。

別のFX業者のMT4であれば以下のような設定は特に必要なく入れることができます。

1.デスクトップにあるショートカットの名前を変更する。

まず上のようにデスクトップにあるMT4のショートカットの名前を変更します。

これは追加でMT4をインストールした際に同じ「XMTrading MT4」の名前だとショートカットを上書きしてしまうからです。

2.MT4をインストール

MT4をインストールします。
該当のFX会社のMT4をダウンロードしてください。
今回例で取り上げているXMのMT4はこちらになります。

XMのMT4をダウンロードしたらインストーラーを起動させます。

「設定」を必ずクリックください。

「設定」を押さず、その右の「次へ」を押すとインストールが始まり、今まであったものが上書きされていしまいます。

インストールフォルダの名前とプログラムグループの名前を変更して「次へ」を押します。

これをすることによって今までインストールしていたMT4の上書きを防ぎ、もう一つMT4を増やすことができます。

「次へ」を押したあとMT4のインストールが始まり、完了するともう一つMT4のショートカット増えます。

これで追加のMT4のインストールは完了です。

2つのMT4を複数を複数起動させて同時に複数の口座にログインできたり、EAもそれぞれのMT4に設定できたりします。

MT4の初期設定に関して忘れた方やわからない方は「XMで取引するまでのMT4・MT5の設定方法」に詳細を記載していますのでご覧ください。

MT4を複数のPCで起動して同じ口座にアクセス・ログインしたい場合

これはまず、できます。

また、複数のデバイス(PC・タブレット・スマホ)で同じ口座にログインしていても注文も可能です。

さらにあるデバイスで注文した場合、他のデバイス上のMT4にもこれが反映されます。

例えば複数PCを持っていても、それらのPCの画面出力端子があまりないときに、このような用途が使えます。(例えば一つのPCにつき出力が2個しかない場合、2つPCを持っていれば、擬似的に4画面出力ができます。)

詳しくは以下をご覧ください。

MT4を複数起動する際に必要なスペックについて

VPSの場合

VPS(24時間動くPCみたいなもの)の最低のプランだとメモリが1GBだったりします。
しかし、これだと複数MT4を起動するには足りないと思われます。

最低メモリは2GB欲しいところですので契約する際は2GB以上を選択しましょう。

CPUコア数も理想はMT4を起動する個数分あれば憂いなしですが、上記2GでCPUコア数3コアであれば3つか4つは起動できます。

4つ以上起動する場合はもう一つ上のプランが必要です。
ディスクは必ずSSDを選びましょう。

CPUコア数やメモリに関して、VPSの選び方は以下を参考にしてください。

・おすすめVPS

おすすめのwindows VPSはABLENETContaboになります。

ABLENETは安価・安定・高速の三拍子が揃っています。

設定や実際にどのように使うか知りたい方は以下を参考にしてください。

とにかく安く済ましたいのであればContaboがおすすめです。
安定性があるかはわかりませんでしたが、格安でスペックも段違いです。

PCの場合

・SSDが載ったPCを必ず選ぶ

もし今、MT4が複数起動しており重い・遅いというのであればたいていはSSDが載っておらず、HDDにデータを記憶するようなPCであると思います。

SSD・HDDともにデータを読み書き記憶するパーツですがHDDはSSDよりもとても遅いです。

MT4はデータの読み書きをよく行うでSSDの載ったPCにすると高速になる・もしくは速度が改善されます。

・必要なメモリ容量

8G以上あれば事足りると考えてください。4G以下はMT4を開きながらブラウザを開くなどがあれば心もとないです。

・必要なCPU

起動するMT4の個数分のCPUコア数あれば理想です。
core iと書かれたCPUや最近出ているryzenのCPUが載ったPCであれば万全でしょう。

・MT4の複数起動に使えるおすすめPC

Lenovo IdeaPad S340

メーカー・名前Lenovo IdeaPad S340
CPURyzen 5 3500U( 4コア / 8スレッド )
メモリー8GB
ストレージ256GB SSD
OSWindows 10 Home 64 bit
価格(税込)51,612円(2020/01/09現在)

このPCであればMT4が6個でも難なく動き、8個でも動くことでしょう。

この高スペックにしてこの価格は相当格安で10万円からこの価格に割引されたものです。これはメーカー直販なので安くなっています。

デメリットとして直販であるので、納期に3週間から4週間とかかることとOfficeがついてないことです。

4週間待てるのであればこの上なくおすすめのPCです。

 HP 14s-dk0000

メーカー・名前HP 14s-dk0000
CPURyzen 5 2500U( 4コア / 8スレッド )
メモリー8GB
ストレージ128GB SSD + 1TB HDD
OSWindows 10 Home 64 bit
価格(税込)68,037円(2020/01/30現在)

こちらは店頭販売モデルですので、上のと違いすぐに入手ことができます。
上のPCとの違いは価格(もちろんこちらのほうが高い)と容量です。

このPCはSSDとHDDの2つ保存できる場所がついており、
MT4をSSD側に置いて起動や動作を高速にし、
バックテストで使う容量の大きいヒストリカルデータをHDDに置くなどできます。

国内FXに勝る海外FXの特徴を詳細解説! FX会社も比較。

海外FXは国内FXよりもチャンスは多くあり、借金の心配も必要ありません!
海外FXをやったことない方、また初心者向けに海外FXとはどのようなものか解説しています。

おすすめの海外FXを表も用いて比較・解説。
海外FX会社を探してる方にも有用な内容を掲載しています。

MT4・MT5 システムトレード 海外FX
海外FX取引会社ランキング
XM(エックスエム)

XMは出金拒否や約定拒否などのトラブルもなく、人気No.1のFX会社です。
XMの主な特徴はレバレッジ・ボーナス・約定力。
レバレッジ888倍と口座開設のみで3000円分取引できるボーナス、全注文の99.35%は1秒以内で約定。
ゼロカットもあり、海外FX初心者がまず開く口座としてもうってつけです。
これらの強力な特徴により国内FXのトレーダーより一歩先んじることができます。
口座開設方法

AXIORY(アキシオリー)

こちらも強力な約定力・さらに極小スプレッドも実現している会社です。
公正な運営・最新取引ソフト「cTrader」対応(もちろんMT4も)という特徴もあり人気を集めています。
レバレッジは400倍、スキャルピングの制限もなく、スキャルパーにも注目されています。
安心して取引ができるおすすめの会社です。
さらに7/1~7/20まで最大3万円もらえるキャンペーン実施中!
口座開設方法

GEMFOREX(ゲムフォレックス)

入金しなくても2万円分取引できる口座開設キャンペーンをよく行っています。
しかも出た利益は自分のものになります。
スプレッドは国内FX業者と同レベルの極小スプレッド、レバレッジは1000倍のおすすめの取引会社です。
口座開設方法

FBS

FBSは最大3000倍のレバレッジと100ドル(約1万円)未入金ボーナス、さらに出金もできるボーナスやキャシュバックなど
他の会社には全くない特徴を兼ね備えていた海外FX会社です。
もちろんこのような特異な特徴をもちながらNDDやゼロカットなどの海外FXの基本的なスペックも兼ね備えており、
スキャルピングなどの取引制限もありません。
最初は入金せずに1万円分の取引が楽しめるので気になった方はまず触ってみることをおすすめします。
口座開設方法

fxブログ | シストレで複業でも勝ち組に!

コメント

タイトルとURLをコピーしました