ついにMT5対応!TitanFXの9つのメリットと3つのデメリットを詳細解説

おすすめFX会社

TitanFXは2014年に突然登場した新しい海外FX会社であるにも関わらず人気を誇っています。

TITAN FXは超低スプレッドと高い約定力で日本人のファンが多くいたPepperStone(2014年に日本人のサービスを終了)の生まれ変わりとされています。

実際にこの会社は元PepperStoneの役員で構成されています。

このPepperstoneの低スプレッドと高い約定力をそのまま引き継いだサービスを提供し、特にスキャルピングをメインにしたトレーダーから人気を集めています。

さらに昨年末に取引ソフトMT5にも対応し、メリットも増えました。

TitanFX(タイタン fx)メリット・デメリットまとめ

最初に強み・弱みをまとめました。

超低スプレッドと高い約定力がなんと言ってもTitan FXの強みです。
MT5も最近加わったのでさらに快適なトレード環境になっています。

以下ではこれら特徴を詳細に解説します。

最大の特徴は業界最狭スプレッド

Titan FXにはスタンダード(STP)口座ブレード(STP)口座があります。

スタンダード口座は取引手数料が無料ですが、ブレード口座に比べるとスプレッドが広くなっています。
ブレード口座はスプレッドが狭いですが、取引手数料が毎回かかります。

またスプレッドは変化しますので、ブレード口座においては0pipsになることもあります。

ブレード口座の取引手数料について

往復1ロット(100,000通貨)あたり7ドルとなります。

実際には7ドル相当の日本円が手数料としてかかります。この手数料は為替レートに合わせて月単位で見直されます。
この記事を書いた時点で往復手数料は720円でしたので、下記表に反映しています。

TitanFXのスタンダード口座とブレード口座の平均スプレッド比較

 スタンダード
STP口座
ブレード
ECN口座
手数料なし720円(7ドル)/lot(往復手数料込み)
USDJPY1.33pips0.40pips(1.12pips)
EURJPY1.74pips0.74pips(1.46pips)
GBPJPY2.45pips1.45pips(2.17pips)
AUDJPY2.12pips1.12pips(1.84pips)
EURUSD1.20pips0.20pips(0.92pips)
GBPUSD1.57pips0.57pips(1.29pips)
USDCHF1.92pips0.92pips(1.64pips)

スプレッドに関しては取引が活発になると低くなります。

時間帯スタンダード STP口座ブレード ECN口座
午前5時頃3.92.9
午前6時頃11.9
午前9時頃1.20.2

以上のように取引が活発でない5時などはスプレッドが大きく開きますが、
9時ごろになるとすでにスプレッドが小さくなっています。

さらにニューヨーク時間やロンドン時間(午後9時辺り~)など最も取引が活発になる時間はさらにスプレッドが小さくなったりします。

以上からおすすめは基本的にはブレード口座になります。

しかし手数料は変わったりして計算が面倒だったりします。
ですので、初心者はスタンダード口座を開いてその後ブレード口座を開くという流れもおすすめします。

TitanFXのブレード口座スプレッドと他社スプレッドの比較

通貨ペア(pips)iForexXMFBSGEMis6axioryTitanFX
USDJPY0.91.52.51.21.61.01.12
EURJPY1.22.51.51.42.31.31.46
EURUSD0.91.70.91.21.51.00.92
GBPJPY2.532.81.93.12.32.17
GBPUSD1.52.11.51.52.41.51.29
USDCHF1.52.41.11.92.311.64
AUDJPY33.31.81.62.91.51.84

※GEMはGEMFOREXでXMともにスタンダード口座
AXOIRYはナノスプレッド口座で手数料込み

他社との比較です。
狭いところはiForexがありますが、こちらはサーバーの強度が並でおそらく注文方式はDDです。

Titan FXに近いのは同じNDD業者のAxioryでTitan FXのほうがスプレッドが低い通貨もあります。

さらに上の表は平均スプレッドなので、先ほど申し上げた取引が多い時間帯にはこれよりも小さくなります。

これらのことから業界最狭の水準と言えるでしょう。

超高速約定。約定拒否・価格の再提示なし。

Titan FXの最新テクノロジーである「Zero Pointテクノロジー」により、超高速約定が実現されており、サクサクと約定されます。

このテクノロジーはもともと高頻度トレーダーやクオンツのみ利用可能であった環境なので強力です。
この点でもスキャルパーに注目されています。

またNDD方式と合わさって、約定拒否や、指定した価格で約定できずに価格を再提示する、ということもありません。

TitanFXの注文方式はNDD方式。透明性が高くスキャルピングの制限なし。

DD方式とNDD方式

・DD方式とは

FXは 銀行・為替ブローカー・金融当局の3つの業者間で取引が行われます。

これをインターバンク市場と言いますが、DD方式はFX業者がこの市場とトレーダーの間に入ってトレーダーの注文を流します。

FX業者は市場とトレーダーとの間に入っているので注文をインターバンク市場流さないことがあります。
流さなかった場合(いわゆる呑み行為)は、 トレーダー が勝つとFX業者が支払う事になります。

ただし、このときにトレーダーが負けるとこのトレーダーの損がそのままFX業者の利益になります。

トレーダーとFX業者の取引でFX業者が利益を得ているため、FX業者のもう一つの収入源のであるスプレッドを小さくできたり、原則固定にでき、スプレッドを小さくできるのがこの方式の特徴です。

しかし、こちらの方法は間の業者が入るので、なにをやっているか不透明です。

・NDD方式とは

DD方式とは反対にNDD方式はFX業者が間に入らずトレーダーの注文をインターバンク市場にそのまま、自動的に流す仕組みになります。

NDD方式は透明性が高い代わりにFX業者の収入源となるスプレッドがDD方式を採用しているFX業者よりも一般的には広がる傾向にあります。

⇒DD方式とNDD方式について詳しくはこちらから

TitanFXはNDD方式を採用

国内のFX会社などはDD方式を採用しています。
その一方でTitan FXの注文方式は透明性が高いNDD方式を採用しています。

Titan FXはスプレッドや取引手数料から利益を得ているためスキャルピングの規制やシステムトレード・EAによる取引など規制は一切なく、むしろ取引すればするほどTitan FXの利益になります。

さらにブレード口座はトレーダーから取引手数料を得ているためスプレッドが大きくありません。

日本語サポートは24時間体制で万全。サイトや取引ソフトも対応

公式サイトや取引ソフトも日本語になっています。
さらにサポートも万全で、月曜から金曜であれば24時間体制で行っており、もちろん日本語で質問できます。

上記のようにサポートの手段はライブチャット、メール、電話となっております。

取引ソフトは人気のMT4とその最新版MT5に対応する貴重な会社

もちろん、Titan FXは取引&チャートソフトで人気かつ定番のMT4に対応しております。
さらに2019年11月6日にMT5も対応しました!

MT5に対応している会社は少なく、Titanのような強力な取引環境でMT5が使えることでさらに利便性が高まりました。

MT4MT5
価格無料無料
チャート表示複数表示可能複数表示可能
デフォルトの
インジケーターやオシレーターの数
とても多いとても多い
気配値、ナビゲーターウィンドウ普通使いやすい
両建て
ワンクリック注文
ストラテジーテスターの使用
動作速度普通快適
時間足の種類9種類21種類
カスタムインジケーターの数とても多い普通
EAの数とても多い普通
対応している海外FX業者海外FX会社ほぼすべて少ない

MT5のほうが画面が分かりやすく動作速度も快適です。

EA(自動売買プログラム)を使わない、かつ一般的なテクニカル指標を使うのであればMT5、
一方ちまたで配布・販売されているEAやテクニカル指標(インジケーター)を使うのであればMT4がおすすめです。

販売・配布されているEAなどはMT4のみ対応がほとんどです。

さらにMT4・MT5両方ともiOS・Androidアプリもあります。
このアプリで取引や自分のポジションの確認・チャートの表示が外出先でもできます。

口座作成時にMT4・MT5の選択があります。
選択すると、選択したソフトしか使うことができませんが、あとでもう一方の口座も追加することができます。

ZuluTrade(ズールトレード)にも対応。他人のトレードをコピーして自動売買ができる

ZULUランキング

Titan FXでは「ZuluTrade」という取引プラットフォームにも対応しています。

世界中のプロトレーダーや「ZULUランキング」からトレーダーを選んで選んだトレーダーが売買するの沿ってTitan FX口座で自動売買することができます。

最大レバレッジ500倍。ゼロカットシステムで追証なし。ロスカット水準も20%

ゼロカットシステムは、FXの取引中にポジションの損失などで
FX口座残高がマイナスになってしまった場合にFX会社が損失分を補てんしてくれるシステム
の事です。

要はこのシステムがあると失うのは口座に入金した額のみです。

それと違って国内FX業者や株の場合は「追証(おいしょう)」という仕組みがあり、口座残高以上の損が発生してしまった場合これを支払わなけばいけません。

ですのでこの国内の追証は借金を生む恐れもあります。

Titan FXのレバレッジは最大500倍、海外FXによくあるゼロカットシステムも備わっております。
ロスカット水準も20%以下と他社と比べても低くなっています。

これらによって持っているポジションとは逆方向に相場が動いても、ギリギリまで耐えてポジションを持つことができます。

取扱商品は70種類以上。FX通貨ペア・金銀などのメタル、原油、株式指数など

FX通貨ペアはドル/円やユーロ/円・ユーロ/ドルだけでなくマイナーな通貨、例えばEURCZK(ユーロ/チェコ・コルナ)やUSDTHB(ドル/タイ・バーツ)などがあります。

メタルはボラティリティが高い金やその他は銀プラチナ、パラジウム、
原油はWTI原油とブレント原油が、
株式指数は、日本225、ダウ、FSTEなど9種類の指数があります。

これらすべてをを上記の強力な取引環境で、さらに追証なしで取引することができます。

bitwalletで入出金可能。クレジットカードでも即時反映。入金手数料も無料。

Titan FXで対応している入出金方法は以下になります。

  • クレジット/ デビットカード
  • bitwallet
  • NETELLER
  • SKRILL

ただし、現状使用できる入金方法はクレジット/ デビットカードかbitwalletになります。

どちらも口座に即時反映され、入金手数料も無料です。
入金はクレジットカードが手軽でおすすめです。
bitwalletに入金するのには手数料がかかります。

出金はbitwalletがおすすめです。
クレジットカードでは出た利益はが出金できません。
また、bitwalletから出金する場合は最大で824円の手数料がかかります。

最近は、利益の出金がbitwalletに対応していない海外FX会社が多くなっています。

海外FX会社がbitwalletに対応していない場合は海外送金で手数料が3000円ほど取られたりするので、利益もbitwalletへ出金できるのはありがたいです。

bitwalletとは

paypalを知っている方はpaypalとだいたい同じようなものと言えば伝わるかと思います。
オンラインウォレットで、海外FX会社に国内銀行で入金・出金するときに使う仲介サービス業者です。

サイトやマイページももちろん日本語に対応しています。

paypalと同じようにメールアドレスで相手を指定して資金の受け渡しができます。

TitanFXの持つライセンスが珍しく、企業としての歴史も浅い

以下からデメリットを説明します。

Titan FXはバヌアツ共和国金融庁(VFSC)を持っていますが、他のライセンスに比べて審査が緩く、取得が難しくないライセンスになっています。

また運営歴4年と短く、完全に信頼できる会社と言うのは少し難しいでしょう。

バヌアツ共和国のライセンスを取っているのには訳がある!?

TItan FXは元PepperStoneの役員で構成されています。

この2014年に撤退したPepperStoneは審査が厳しいオーストラリアライセンス(ASICS)を取得していました。

しかしオーストラリアは日本の金融庁と繋がりが深かったため、圧力がかかり、日本人向けサービスから撤退させられました。

バヌアツのようなマイナーなライセンスは日本の金融庁とのつながりも薄く、突然撤退勧告を受けることが低いと踏んでこのようなライセンスを取っていると考えられます。

これはXM・AXIORYなどの有名な海外FX会社も同じで、それぞれマイナーなライセンスを取っています。

マイナーなライセンスだからといって、これまでに出金拒否などの利益没収などの悪い報告は一切ありません。

顧客資金は分別管理のみで資産保全は万全ではない。

信託保全(全額保証)があれば完璧なのですが、顧客の資金は「分別管理」のみです

分別管理先はナショナルオーストラリア銀行(NAB)の信託口座で、経営資金とは別に管理されています。

NABはオーストラリア最大の銀行で日本のメガバンク(三菱UFJ銀行や三井住友銀行)よりも格付けが高く、同銀行が倒産して預けた資金が失われるといった可能性は低いと言えます。

キャンペーンやボーナスはない

たとえば他社、GEMFOREXXMは口座開設時に20000円や3000円のボーナスがついてくるキャンペーンや、口座に入金した額分(+100%)ボーナスがつくといったキャンペーンを行っていることがあります。

しかしTitan FXにはこういったものはありません。

ボーナスとは

アーケードゲームのクレジットのようもので入金した残高+ボーナスで、入金額以上の取引ができます。

ボーナスは出金することはできませんが、ボーナスを使って取引した結果出た利益は引き出すことができます。

結論

Titan FXには強力な約定力や業界最狭スプレッドでという特徴がありましたが、最近はMT5対応も加わってさらに強力な取引環境になり、スキャルパーやその他トレーダーを惹きつけています。

このMT5対応より、他のFX会社でMT5を使って取引された方も、これを気にTitan FXに乗り換えを検討されてみてもいいのではないでしょうか。

国内FXに勝る海外FXの特徴を詳細解説! FX会社も比較。

海外FXは国内FXよりもチャンスは多くあり、借金の心配も必要ありません!
海外FXをやったことない方、また初心者向けに海外FXとはどのようなものか解説しています。

おすすめの海外FXを表も用いて比較・解説。
海外FX会社を探してる方にも有用な内容を掲載しています。

おすすめFX会社 海外FX
海外FX取引会社ランキング
XM(エックスエム)

XMは出金拒否や約定拒否などのトラブルもなく、人気No.1のFX会社です。
XMの主な特徴はレバレッジ・ボーナス・約定力。
レバレッジ888倍と口座開設のみで3000円分取引できるボーナス、全注文の99.35%は1秒以内で約定。
ゼロカットもあり、海外FX初心者がまず開く口座としてもうってつけです。
これらの強力な特徴により国内FXのトレーダーより一歩先んじることができます。
口座開設方法

AXIORY(アキシオリー)

こちらも強力な約定力・さらに極小スプレッドも実現している会社です。
公正な運営・最新取引ソフト「cTrader」対応(もちろんMT4も)という特徴もあり人気を集めています。
レバレッジは400倍、スキャルピングの制限もなく、スキャルパーにも注目されています。
安心して取引ができるおすすめの会社です。
さらに7/1~7/20まで最大3万円もらえるキャンペーン実施中!
口座開設方法

GEMFOREX(ゲムフォレックス)

入金しなくても2万円分取引できる口座開設キャンペーンをよく行っています。
しかも出た利益は自分のものになります。
スプレッドは国内FX業者と同レベルの極小スプレッド、レバレッジは1000倍のおすすめの取引会社です。
口座開設方法

FBS

FBSは最大3000倍のレバレッジと100ドル(約1万円)未入金ボーナス、さらに出金もできるボーナスやキャシュバックなど
他の会社には全くない特徴を兼ね備えていた海外FX会社です。
もちろんこのような特異な特徴をもちながらNDDやゼロカットなどの海外FXの基本的なスペックも兼ね備えており、
スキャルピングなどの取引制限もありません。
最初は入金せずに1万円分の取引が楽しめるので気になった方はまず触ってみることをおすすめします。
口座開設方法

fxブログ | シストレで複業でも勝ち組に!

コメント

タイトルとURLをコピーしました