FXのハイレバレッジは危険は間違い!むしろハイレバのほうがよい理由

初心者向け

FX、特に海外FXのハイレバレッジは危険!借金を生む!
といったイメージがありますが、これは間違いです!

もちろんこのイメージがすべてが間違いとは言えませんが、ハイレバレッジであることがよい理由について、主に低い日本のFXとレバレッジと高い海外FXのレバレッジと取り上げて説明します。

結論

  • ハイレバレッジは資金効率を高め、戦略の幅も広がります。
  • 10万円持っていて同じ1万ドル買うと考えた場合、証拠金に4万円(レバレッジ25倍)かけるのと1200円(レバレッジ888倍)かけるのでは意味が同じです。
  • 強制決済(ロスカット)に耐えられる価格の変動幅は、低いレバレッジの方が狭くなり不利です。
  • 借金とハイレバレッジは関係がないです。
    特に日本のFXと海外FXを比べたときに海外FXにはゼロカットシステムがあるため、追証もなく借金も生みません。

そもそもレバレッジとは? レバレッジが危険かどうか知る上で必要な知識を解説

「手元の資金よりも大きな金額の取引ができる」仕組みのことです。

レバレッジは英語の「レバー(lever)」から来たものでこれは「てこ」を意味します。
つまり、レバレッジはてこの原理のように少ない資金で大きな取引ができる仕組みになります。

もし手持ちが1万円でレバレッジが3倍であれば3万円分取引でき、
レバレッジが100倍であれば100万円分取引できます。

日本のFXではレバレッジは最大25倍、
海外FXではレバレッジは200倍~3000倍となっております。

証拠金について、レバレッジとの関係を解説

実際、FXは「証拠金」というものを預けて通貨を取引します。
さらに決済時に生じた損益を差し引きして証拠金を返すといった取引形態をしています。
証拠金は、いわば担保のようなものです。

・証拠金の計算方法

もし1万ドル取引したいとき1ドル=110円であるとします。
また、レバレッジ25倍というのは 1 ÷ 25 = 4%という意味と同じです。
このレバレッジ25倍で1万ドル取引する場合、預ける証拠金は、
10000 × 110 × 4% = 44000円
になります。

海外FXの一つであるXMのレバレッジ888倍(0.11%)であれば1万ドル取引する場合、証拠金は
10000 × 110 × 0.11% = 1210円
になります。

さらに取引で生じた損失が一定以上になれば、担保にしている証拠金はFX会社そっくり没収されます。これが「ロスカット」です。

また、このような仕組みをしている取引を「証拠金取引」と呼びます。

ロスカットとは

口座残高から含み損益を足し引きした額(有効証拠金)が「証拠金×○%」の数値を下回った場合に執行されます。

この○%の部分は取引業者により違い、0%~100%まで様々です。

例を説明すると、
ロスカットの水準が50%
レバレッジ25倍
1万ドル取引
とすると、証拠金は44000円なので有効証拠金が22000円になったとき強制的に持っている1万ドルが決済されます。

売買したときの利益の計算方法

ドル/円やユーロ/円などは
110.12円
124.06円
などで表されています。

1万ドル買った場合、0.01円増えれば 利益は
0.01 × 1万ドル = 100円
になります。

つまり0.01円上下すると100円の利益もしくは損失が生まれ、
1円変動すると10000円の利益もしくは損失が生まれます。

つまりFXの利益は、

1通貨あたりの為替変動 × ポジション量(通貨量)

になります。

つまり、取引する通貨量が同じであれば、レバレッジが1倍であろうと1万倍であろうと生じる損失は変わりありません。

ハイレバレッジは危険ではなく、むしろハイレバレッジのほうが良い理由

同じ通貨量を取引するのであればリスクは変わらない

まず、50万円入金して、同じ取引量、例えば5万ドル取引するという目的であれば、レバレッジが何倍であろうと生まれる損失は変わりありません。

表にまとめるとわかりやすいかもしれません。

国内FX業者海外FX業者 XM
レバレッジ25倍 888倍
資本金50万円50万円
取引する量5万ドル 5万ドル
1円の値動きに対する損失5万円5万円
取引に必要な証拠金22万円6000円

同じ通貨量(額)を取引する場合、繰り返しになりますがレバレッジがなんであれ、損失の大きさは変わることがありません。

売買したときの計算方法の説明でも分かる通り、
損失の額の大きさはレバレッジではなく取引する量によって変わります。

ロスカットを考えるとむしろハイレバレッジのほうがよい

ロスカット水準は国内外問わず様々ですがここでは50%とします。

同じ5万ドルを取引した場合、レバレッジ別のロスカット水準は以下になります。

国内業者25倍5万ドル証拠金22万円有効証拠金11万円でロスカット
海外FX A400倍5万ドル証拠金12000円有効証拠金6000円でロスカット
海外FX X888倍5万ドル証拠金6000円有効証拠金3000円でロスカット

同じロスカット水準50%であっても証拠金の額が違うのでロスカットにより強制的に決済される水準が違います

もし50万円入金して5万ドル取引している場合、
レバレッジ25倍であれば含み損が39万円になったときに強制的に決済されますが、
レバレッジ888倍であれば含み損が49万7000円になったときに強制決済されます。

ですのでレバレッジが高いほうがギリギリまで耐えることができます。

ハイレバレッジのほうがポジションを持っていても出金可能額が大きい

出金のルールは業者によって様々ですが、基本的に含み損益と証拠金を抜いた額が出金できます。
ですのでポジションを持っているときに出金したい場合は証拠金の少ないハイレバレッジのほうがいざというときにより多く出金できます。

海外FXにはゼロカットシステムがあるので借金はなし

レバレッジと関係はないですが、国内の低い25倍のレバレッジであっても、
借金を生む可能性があります。

国内には追証があり、ロスカットしても口座残高以上の損が発生した場合、口座残高が足りなくても追加で入金する必要があります。

その点、レバレッジが高い海外FXでは口座残高以上の損があってもそれを入金して補填する必要はありません。これがゼロカットシステムです。

なぜハイレバレッジが危険だと言われるのか、またそのイメージがあるのか

ハイレバレッジはロスカットが耐えられる資金以上に売買できます。

50万円入金した場合、レバレッジ888倍であれば約400万ドル取引できる計算になります。

もし400万ドル取引した場合、0.01円動くと4万円の損益が発生し、たった0.125円動けば入金した額すべてがなくなります。

ハイレバレッジはロスカット額を下げたり、資金の効率性を高めるために有効です。
しかし、ハイレバレッジが危険だと言われる理由は、このようなことを理解せずに取引できるだけの量を取引するといった人がいるためです。

ハイレバレッジはトレードにおいてプラスになると断言できますが、資金管理の厳格さが低いレバレッジより求められます。

問題はレバレッジの高さではなく、身の丈に合わない取引量を決断したその人なのです。

まとめ

ハイレバ = 危険 と考える初心者の方は多いですが、実際は違います。

ハイレバレッジは身の丈に合わない取引さえしなければ断然トレードにプラスになります。

結局のところFXのリスクを決定するのは売買する通貨量と証拠金のバランスなのです。

国内FXに勝る海外FXの特徴を詳細解説! FX会社も比較。

海外FXは国内FXよりもチャンスは多くあり、借金の心配も必要ありません!
海外FXをやったことない方、また初心者向けに海外FXとはどのようなものか解説しています。

おすすめの海外FXを表も用いて比較・解説。
海外FX会社を探してる方にも有用な内容を掲載しています。

初心者向け
海外FX取引会社ランキング
XM(エックスエム)

XMは出金拒否や約定拒否などのトラブルもなく、人気No.1のFX会社です。
XMの主な特徴はレバレッジ・ボーナス・約定力。
レバレッジ888倍と口座開設のみで3000円分取引できるボーナス、全注文の99.35%は1秒以内で約定。
ゼロカットもあり、海外FX初心者がまず開く口座としてもうってつけです。
これらの強力な特徴により国内FXのトレーダーより一歩先んじることができます。
口座開設方法

AXIORY(アキシオリー)

こちらも強力な約定力・さらに極小スプレッドも実現している会社です。
公正な運営・最新取引ソフト「cTrader」対応(もちろんMT4も)という特徴もあり人気を集めています。
レバレッジは400倍、スキャルピングの制限もなく、スキャルパーにも注目されています。
安心して取引ができるおすすめの会社です。
さらに7/1~7/20まで最大3万円もらえるキャンペーン実施中!
口座開設方法

GEMFOREX(ゲムフォレックス)

入金しなくても2万円分取引できる口座開設キャンペーンをよく行っています。
しかも出た利益は自分のものになります。
スプレッドは国内FX業者と同レベルの極小スプレッド、レバレッジは1000倍のおすすめの取引会社です。
口座開設方法

FBS

FBSは最大3000倍のレバレッジと100ドル(約1万円)未入金ボーナス、さらに出金もできるボーナスやキャシュバックなど
他の会社には全くない特徴を兼ね備えていた海外FX会社です。
もちろんこのような特異な特徴をもちながらNDDやゼロカットなどの海外FXの基本的なスペックも兼ね備えており、
スキャルピングなどの取引制限もありません。
最初は入金せずに1万円分の取引が楽しめるので気になった方はまず触ってみることをおすすめします。
口座開設方法

fxブログ | シストレで複業でも勝ち組に!

コメント

タイトルとURLをコピーしました