XMでのロットとは?1ロットはいくら?1pips動くといくらの損益になる?

XM(XMTrading)

海外FXのXMと国内のFXではロットがいくらかが違います。
さらにXMの中でも口座タイプによってロットが違います。

またXMでは取引の単位はロットでありロットの数で取引数量を指定します。
ですので「ロット」という言葉自体から説明します。

そもそもロットとは?

ロットは直訳すると「ひと口」「ひと山」「ひと組」などの意味があります。
端的に言えばロットは「ひと口あたりの取引数量」という意味です。

株をやっている方だと「単元」に似ていると言えばわかるかと思います。

ロットのいろいろな呼び方

ロットは以下のように他の呼ばれ方もします。

  • 1lot
  • 1枚
  • 10万通貨(海外FXの場合)/1万通貨( 国内FXの場合 )

XMで1ロットはいくらか?

国内FXは1ロット=1万通貨ですが、XMを含む海外FXは1ロット=10万通貨が主流です。

10万通貨というのは例えばドル/円であれば「1万ドル」ということになり、ユーロ/円であれば「1万ユーロ」ということになります。

またXMは口座の種類によって1ロットがいくらがかわってきます。

スタンダード・ゼロ口座マイクロ口座
1ロット10万通貨1000通貨

XMのスタンダードもしくはゼロ口座の場合、1ロット=10万通貨、
マイクロ口座だと1ロット=1000通貨です。

口座の種類に関しては以下をご覧ください。

XMで1ロットに必要は証拠金は?

まず、証拠金の計算式は以下になります。

現在の通貨の価格×通貨単位÷レバレッジ=必要証拠金

1ドル=110円の場合、ドル円を1ロット売買するのに必要な証拠金を見てみましょう。

  • スタンダード口座
    1ロット=10万通貨なので
    110円(ドル円)×10万通貨÷888(レバレッジ)=約12387円
  • ゼロ口座
    ゼロ口座は1ロット=10万通貨、レバレッジ500倍なので
    110円(ドル円)×10万通貨÷500(レバレッジ)=22000円
  • マイクロ口座の場合
    マイクロ口座は1ロット=1,000通貨なので
    110円(ドル円)×1,000通貨÷888(レバレッジ)=約124円

また、XMには証拠金計算機があるので以下から、必要な証拠金を最新のレートで求めることができます。

XMで注文できる最小ロットと最大ロット

XMでは1ロットから注文できないというわけではなく、もっと小さな数量から注文・売買できます。

また。XMで注文できる最大ロットも決まっています。
口座ごとに違うのでまとめると以下になります。

スタンダード・ゼロ口座マイクロ口座
最小ロット数0.01ロット(1000通貨)0.01ロット(10通貨)(MT4)
0.1ロット(100通貨)(MT5)
最大ロット数50ロット100ロット

XMで1ロットで1pips動いたらいくらの損益になる?

1ロット=10万通貨の場合、通貨の価格が変動した際のロット数による損益の違いは以下のようになります。

1pips変動10pips変動100pips変動
0.01ロット10円100円1,000円
0.1ロット100円1,000円10,000円
1ロット1,000円10,000円100,000円
10ロット10,000円100,000円1,000,000円
100ロット100,000円1,000,000円10,000,000円

例えばXMスタンダード口座での最小量・0.01ロットで取引した場合、1pipsの変動で10円、10pipsの変動で100円、100pipsの変動で1000円の損益が発生するということになります。

また、ロット数を増やして1ロットで取引すると、1pipsの変動で1,000円、10pipsの変動で10,000円、100pipsの変動で100,000円の損益が発生するということになります。

このようにロット数を増やせば増やすほど価格が変動した際に発生する損益も大きくなります。

pipsとは?

ちなみにpipsとは通貨の価格の最小単位のことです。
ドル/円やユーロ/円であれば0.01円、
ユーロ/ドルやポンド/ドルであれば0.0001米ドル
になります。

単位「ロット」を使う理由

もしこのロットの単位がなければ、1ロットを売買したい場合、「100000」と打ち込んで売買しなければいけません。

さらに15ロット売買したいときは「1500000」、18ロットであれば「1800000」と打ち込む必要があります。

つまり、基準になっている売買量の数が大きく紛らわしい・また0が多いとミスが起こる可能性があるためロットという単位を使うことによって入力や呼び方を簡単にしています。

国内FXに勝る海外FXの特徴を詳細解説! FX会社も比較。

海外FXは国内FXよりもチャンスは多くあり、借金の心配も必要ありません!
海外FXをやったことない方、また初心者向けに海外FXとはどのようなものか解説しています。

おすすめの海外FXを表も用いて比較・解説。
海外FX会社を探してる方にも有用な内容を掲載しています。

XM(XMTrading) 初心者向け
フォローする
海外FX取引会社ランキング
XM(エックスエム)

XMは出金拒否や約定拒否などのトラブルもなく、人気No.1のFX会社です。
XMの主な特徴はレバレッジ・ボーナス・約定力。
レバレッジ888倍と口座開設のみで3000円分取引できるボーナス、全注文の99.35%は1秒以内で約定。
ゼロカットもあり、海外FX初心者がまず開く口座としてもうってつけです。
これらの強力な特徴により国内FXのトレーダーより一歩先んじることができます。
口座開設方法

AXIORY(アキシオリー)

こちらも強力な約定力・さらに極小スプレッドも実現している会社です。
公正な運営・最新取引ソフト「cTrader」対応(もちろんMT4も)という特徴もあり人気を集めています。
レバレッジは400倍、スキャルピングの制限もなく、スキャルパーにも注目されています。
安心して取引ができるおすすめの会社です。
さらに7/1~7/20まで最大3万円もらえるキャンペーン実施中!
口座開設方法

GEMFOREX(ゲムフォレックス)

入金しなくても2万円分取引できる口座開設キャンペーンをよく行っています。
しかも出た利益は自分のものになります。
スプレッドは国内FX業者と同レベルの極小スプレッド、レバレッジは1000倍。
約150種類を超えるEA(自動売買ソフト)が無料で使える会社です。
最近、無制限無料で使える条件も低くなったのでおすすめの取引会社です。
口座開設方法

FBS

FBSは最大3000倍のレバレッジと100ドル(約1万円)未入金ボーナス、さらに出金もできるボーナスやキャシュバックなど
他の会社には全くない特徴を兼ね備えていた海外FX会社です。
もちろんこのような特異な特徴をもちながらNDDやゼロカットなどの海外FXの基本的なスペックも兼ね備えており、
スキャルピングなどの取引制限もありません。
最初は入金せずに1万円分の取引が楽しめるので気になった方はまず触ってみることをおすすめします。
口座開設方法

fxブログ | シストレで複業でも勝ち組に!

コメント

タイトルとURLをコピーしました