FXの「円高」「円安」って?

FXとは

ニュースや新聞などで為替レートの動きを表すとき「円高」や「円安」と言われるのをよく聞いているかと思います。

ただ、ドル/円が上昇したときは 「円高」か「円安」どちらなのでしょうか?
今回はこの円高や円安について解説します。
これら用語はFXの基本の一つですのでしっかりと頭に入れましょう。

「円高」「円安」とは

もちろんですが日々、外貨のレートは変わっていき、1ドルが110円で交換できるときもあれば、109円で交換できるときもあります。

「円高」「円安」は 円が米ドルなどの外貨に対して、ある一定の地点からどちらに動いたのかを表してます。

そしてこれらを簡単に説明すると、
「円高」 はある外貨に対して円の価値が高くなること、
「円安」 はある外貨に対して円の価値が安くなること、
を言います。

例えば、1ドル110円だった円相場が105円まで下がると「円高」の状態になります。逆に、115円まで上がると「円安」になります。

110円から105円になったら円高、その逆が円安というのはとても紛らわしく感じる人もいるかと思います。これは「円の強さ」を相対的に比較して、高い/安いと表現しているためです。

たとえば円とドルを交換したいとすると、1ドルが90円のときは、90円払えば1ドルが手に入ります。しかし1ドルが110円のときは110円支払なければ1ドルを手に入れることができません。

同じものを手に入れるのに、より多くのお金を払わなければならないということは、それだけ通貨(円)の価値が「弱い」=「安い」ということになります。これが「円高」「円安」の基本的な考え方です。

FXで利益を出すには

商品の売買する商売では安く買って高く売ったときに利益が出るのはご存知かと思います。
これと同じように100円で1ドルを買い、110円で売って円に戻せば利益が10円出ることはすぐに理解できるかと思います。

ただし、1ドルが100円から90円と円高になったときにFXで利益を出すことはできるのでしょうか?
この場合に関してもFXで利益を出すことができます。
FXは「売りから入る」ことができるため1ドルを100円で売って、90円で買い戻せば10円の利益を出すことができます。詳しくは以下をご覧ください。

国内FXに勝る海外FXの特徴を詳細解説! FX会社も比較。

海外FXは国内FXよりもチャンスは多くあり、借金の心配も必要ありません!
海外FXをやったことない方、また初心者向けに海外FXとはどのようなものか解説しています。

おすすめの海外FXを表も用いて比較・解説。
海外FX会社を探してる方にも有用な内容を掲載しています。

FXとは 初心者向け
海外FX取引会社ランキング
XM(エックスエム)

XMは出金拒否や約定拒否などのトラブルもなく、人気No.1のFX会社です。
XMの主な特徴はレバレッジ・ボーナス・約定力。
レバレッジ888倍と口座開設のみで3000円分取引できるボーナス、全注文の99.35%は1秒以内で約定。
ゼロカットもあり、海外FX初心者がまず開く口座としてもうってつけです。
これらの強力な特徴により国内FXのトレーダーより一歩先んじることができます。
口座開設方法

AXIORY(アキシオリー)

こちらも強力な約定力・さらに極小スプレッドも実現している会社です。
公正な運営・最新取引ソフト「cTrader」対応(もちろんMT4も)という特徴もあり人気を集めています。
レバレッジは400倍、スキャルピングの制限もなく、スキャルパーにも注目されています。
安心して取引ができるおすすめの会社です。
さらに7/1~7/20まで最大3万円もらえるキャンペーン実施中!
口座開設方法

GEMFOREX(ゲムフォレックス)

入金しなくても2万円分取引できる口座開設キャンペーンをよく行っています。
しかも出た利益は自分のものになります。
スプレッドは国内FX業者と同レベルの極小スプレッド、レバレッジは1000倍のおすすめの取引会社です。
口座開設方法

FBS

FBSは最大3000倍のレバレッジと100ドル(約1万円)未入金ボーナス、さらに出金もできるボーナスやキャシュバックなど
他の会社には全くない特徴を兼ね備えていた海外FX会社です。
もちろんこのような特異な特徴をもちながらNDDやゼロカットなどの海外FXの基本的なスペックも兼ね備えており、
スキャルピングなどの取引制限もありません。
最初は入金せずに1万円分の取引が楽しめるので気になった方はまず触ってみることをおすすめします。
口座開設方法

fxブログ | シストレで複業でも勝ち組に!

コメント

タイトルとURLをコピーしました