世界中のトレーダーが注目する価格ライン「ピボット」について

テクニカル分析

ピボットは、fxなどの相場におけるテクニカル面での重要な価格のポイントを示すテクニカル指標として使用されています。欧米のFXトレーダーの多くが使っているインジケーターともいわれています。

ピボットとは

ピボットは、前日の高値・安値・終値から基本の「ピボットポイント」という値のラインを算出し、それを用いて更にピボットの上方と下方それぞれ3つ、合計7つのラインを設定します。

他のテクニカル分析の指標、移動平均線やRSIなどは設定する期間やパラメーターありますが、このピボットにはそういった期間やパラメーターを設定する項目はありません。

ピボットの場合はすでに決定している前日(前週や前月などの場合もあります)の高値・安値・終値をもとにしているため、ピボットを使用している参加者はほぼ同じポイントを目安として見ることになります。

ピボットの7つのラインは以下になります。

「レジスタンスライン3(R3)」
「レジスタンスライン2(R2)」
「レジスタンスライン1(R1)」
「ピボットポイント(P)」
「サポートライン1(S1)」
「サポートライン2(S2)」
「サポートライン3(S3)」

ドル円の1時間足の上にピボットを表示させると上の画像のようになります。

ピボットの求め方

ピボットは、前日の高値・安値・終値から求めます。

ピボットポイント 
P=(H+L+C)/3(H=前日高値、L=前日安値、C=前日終値)

レジスタンスライン3 R3 = 2P – 2L + H
レジスタンスライン2 R2 = P + H – L
レジスタンスライン1 R1 = 2P – L
ピボットポイント P
サポートライン1 S1 = 2P – H
サポートライン2 S2 = P – H + L
サポートライン3 S3 = 2P – 2H + L

ピボットの使い方

上昇・下降の圧力の目安として使う

まず ピボットポイントを上回っている場合には上昇サイン、ピボットラインを下回っている場合には下降サインと見ます。
また R1 、R2、R3と上に行けば行くほど上昇の圧力が強いとみなし、
S1 、S2、S3と下に行けば行くほど下降の圧力が強いとみなします。

レジスタンスライン・サポートラインとして使う

ここではR1やピボットポイントがレジスタンスラインやサポートラインとして機能し、
相場が押さえられたり、反発したりしていることがわかります。

このようにピボットの各ラインがレジスタンスラインやサポートラインとして機能したり、
超えた場合、次のラインまで価格が行くだろうという目安をピボットでたてることができます。

ただし、必ずサポートライン、レジスタンスラインとして機能するわけではないのでご注意ください。

国内FXに勝る海外FXの特徴を詳細解説! FX会社も比較。

海外FXは国内FXよりもチャンスは多くあり、借金の心配も必要ありません!
海外FXをやったことない方、また初心者向けに海外FXとはどのようなものか解説しています。

おすすめの海外FXを表も用いて比較・解説。
海外FX会社を探してる方にも有用な内容を掲載しています。

テクニカル分析
海外FX取引会社ランキング
XM(エックスエム)

XMは出金拒否や約定拒否などのトラブルもなく、人気No.1のFX会社です。
XMの主な特徴はレバレッジ・ボーナス・約定力。
レバレッジ888倍と口座開設のみで3000円分取引できるボーナス、全注文の99.35%は1秒以内で約定。
ゼロカットもあり、海外FX初心者がまず開く口座としてもうってつけです。
これらの強力な特徴により国内FXのトレーダーより一歩先んじることができます。
口座開設方法

AXIORY(アキシオリー)

こちらも強力な約定力・さらに極小スプレッドも実現している会社です。
公正な運営・最新取引ソフト「cTrader」対応(もちろんMT4も)という特徴もあり人気を集めています。
レバレッジは400倍、スキャルピングの制限もなく、スキャルパーにも注目されています。
安心して取引ができるおすすめの会社です。
さらに7/1~7/20まで最大3万円もらえるキャンペーン実施中!
口座開設方法

GEMFOREX(ゲムフォレックス)

入金しなくても2万円分取引できる口座開設キャンペーンをよく行っています。
しかも出た利益は自分のものになります。
スプレッドは国内FX業者と同レベルの極小スプレッド、レバレッジは1000倍のおすすめの取引会社です。
口座開設方法

FBS

FBSは最大3000倍のレバレッジと100ドル(約1万円)未入金ボーナス、さらに出金もできるボーナスやキャシュバックなど
他の会社には全くない特徴を兼ね備えていた海外FX会社です。
もちろんこのような特異な特徴をもちながらNDDやゼロカットなどの海外FXの基本的なスペックも兼ね備えており、
スキャルピングなどの取引制限もありません。
最初は入金せずに1万円分の取引が楽しめるので気になった方はまず触ってみることをおすすめします。
口座開設方法

fxブログ | シストレで複業でも勝ち組に!

コメント

タイトルとURLをコピーしました